KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

関西大学 東西学術研究所 泊園記念会 泊園書院 幕末・明治・大正・昭和の大阪最大の私塾

HOME > 泊園書院について

泊園書院について

 泊園書院は江戸時代後期の文政8年(1825)、四国高松の藤澤東畡(1794--1864)によって大阪に開かれた漢学塾です。荻生徂徠(おぎゅうそらい)の古文辞学(こぶんじがく)を受けつぎ、中国思想はもちろんのこと、歴史や文学にわたる該博な知識をもっていた東畡により、幕末には大阪最大規模の私塾として栄えました。
 明治6年(1873)に書院を復興した子の南岳(1842-1920)は、幕末の高松藩の危機を救った功労者として、また当代随一の学匠として名声高く、学徳を慕って全国から学生が集まりました。その著作も多数にのぼります。南岳の長子黄鵠(こうこく、1874-1924)、次子黄坡(こうは、1876-1948)も書院の活動をよく継承し、漢学振興と漢詩文普及のためにつくしました。
 これら「三世四代」の院主のほか、黄坡義弟の石濱純太郎(1888-1968)の存在も重要です。石濱は黄坡と力をあわせて書院の講学にとりくむとともに、東洋の諸言語に精通し、西夏語研究の先駆者となりました。大阪文化の研究者としても著名です。
 泊園書院は、幕末から明治・大正・昭和という日本の激動期をくぐりぬけて、政界・官界・実業界・教育界・ジャーナリズム・学術・文芸などの分野で有為の人材をあまた輩出し、大阪の文化・教育の発展のために大きな貢献を残しました。書院の活動は昭和23年(1948)、黄坡の死去により終わりを告げ、120余年にわたる歴史に幕を閉じますが、その二万数千冊にのぼる蔵書および膨大な自筆稿本類は昭和26年(1951)、黄坡の子藤澤桓夫(たけお)により本学図書館に「泊園文庫」として寄贈されました。泊園書院の精神を受け継ぐ「泊園記念会」も本学に置かれて毎年記念講座が開かれています。
 泊園書院はまた、東西学術研究所、グローバルCOE「文化交渉学教育研究拠点」など、本学における中国学・東洋学の源流として光芒を放っています。

泊園書院の歩み
  「三世四代」の院主と石濱純太郎
  かつての泊園書院
  泊園書院の学統
  藤澤氏・石濱氏系図
  泊園書院年表

エピソード
  泊園書院と閑谷学校
  幕末期の高松藩の危機を救った南岳
  南岳と通天閣の命名
  森下「仁丹」と南岳
  愛珠幼稚園と南岳
  黄坡と詩吟

泊園人物列伝

泊園書院門人分布

大阪学問所マップ

泊園史跡
  泊園書院跡の碑(淡路町)
  泊園書院址の碑
  道明寺天満宮の大成殿

出版物