KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

関西大学 東西学術研究所 泊園記念会 泊園書院 幕末・明治・大正・昭和の大阪最大の私塾

HOME > 泊園書院について > 泊園人物列伝 > 松岡康毅

松岡康毅(まつおか・やすたけ 1846-1923)


松岡康毅
(大山卯次郎『松岡康毅先生伝』,1934年)

 官僚・政治家・教育者。阿波(徳島県)の農民の子。文久3年(1863)東畡に入門、のち南岳に指導を受ける。維新後、司法大書記官、東京控訴院長、検事総長などを歴任。貴族院議員、第1次西園寺内閣の農商務大臣として政界でも大いに活躍した。日本大学の初代学長でもあり、その教育思想は南岳の影響が強いといわれる。